【自己紹介】ポチあいこ驚愕のプロフィール

Pocket

 

誤診されて数十年間薬漬けで寝てました画像

プロフィール概略

【 HN 】:ポチあいこ
【生年】:1971年生まれ
【出身】:兵庫
【性格】:社交的で新しいものが好き。ポジティブ。
【職歴】:誤診され数十年間寝ていたので職歴なし。バイト歴多数。
【趣味】:映画、音楽、読書、料理、旅行、温泉、ドライブ、ビーズ、インターネット、藤井風。

内臓疾患なのにうつ病と誤診され何十年も寝てました

周りと話が合わない孤独な子供でした。高校生の時、尾崎豊の聴きすぎで神経症になり中退します。
でも今思えば神経症というより副腎疲労症候群(注:1)(以下、副腎疲労)でした。

進学希望だったので都会で一人暮らしを始めますが、体調は悪く受験なんぞできませんでした。
そりゃあそうです。副腎疲労なんて誰も知らないんですから。

色々あって(失恋とか)、24歳でうつ病と診断されます。
しかしそれも副腎疲労でした。ストレスで副腎がやられてダウンするからうつ病そっくりなのよね。

それまではバイトをしていましたが段々行けなくなり退職します。
バイト先で知り合った立命館大学の学生の恋人(男)が優しくしてくれました。
副腎疲労なんて知らなかったから禁止の小麦粉ばっかり一緒に食べてました。
パスタとかチーズフォンデュとか作って。別れちゃったけど。

進学もできずバイトもできずアパートで寝たり起きたりです。たまに映画館に行きました。
姉が「一緒に住まない?」と言ったので東京にいたこともありました。ちょっとでした。

東京でも無職の病人でダラダラ映画を観てました。映画チャットばかりやってました。
チャットで知り合った映画恋人(男)とよく映画を観に行きましたが、別れました。

色々あって関西に戻ります。そこで薬を変えられ数年間寝込みました。

気が狂いそうでした。なぜ2階から飛び降りなかったのか?それは分かりません。
身体がしんどいことよりも外出できないこと、誰にも会えないことが何より辛かったです。
そう、私はうつ病患者ではないのです。常に外に出たくて仕方がありませんでした。

他に何も出来ることがなかったから
出来ることは「あきらめないこと」だけだった。

窮地に必要なことは「あきらめないこと」。これだけなのかも知れません。

作家ジョン・アーヴィングも小説「ホテル・ニューハンプシャー」で言ってるでしょ。
「開いている窓は見過ごせ」Keep passing the open windows.

この不調から回復した2008年に一人でニュージーランドに行ったぐらいです。37歳でした。

数年後、色々あって少し回復しました。
2014年、中国人の中医師の先生と出会います。大学の先生です。
精神科の薬をやめることにしました。43歳でした。

断薬中の記憶はほとんどありません。なんせ幻覚・幻聴がヒドくて何がなんだか分からんので。
知らない人がたくさん幻覚に出てきました。
東雲くんって人が出てきた。シノノメ君って誰なんだ。
2年間寝てました。やれやれ。薬を飲んでいた頃のことはよく覚えていません。約23年間だ。

鍼灸師の先生に治療してもらったら起きあがれるようになりました。
2016年のことです。45歳でした。

別の鍼灸師の先生にかかって定期的に通っていたらその先生が言いました。
「あいこさん、副腎疲労じゃないですか?」

副腎疲労って・・・何ですか?

鍼灸師先生は本を貸してくれました。なるほどうつ病そっくりだ。知らなんだ。
どこの病院行っても「うつ病です」って診断だったけど、真っ赤な嘘だった。
そもそも普通の医者は副腎疲労のことを知らない。

映画恋人が言っていた。
「僕はあなたのことをうつだと信じていない。あなたのは身体が動かないだけ。
自分のことが好きなうつ病患者なんている?」

彼が正しかったよ。

ネットで調べた内科クリニックで検査してもらいました。
唾液を日に4回採って冷凍されてアメリカに送られました。(血液の時もあります)
3週間後に出た結果「副腎疲労ですね」。やっぱりな。

内科の先生に紹介してもらった歯科医院で銀歯(アマルガム)を3ヶ月かけて5か所除去しました。
銀歯から水銀のガスがヒューヒュー出てて、それが副腎を痛めつけてるのね。
歯医者さんもメッチャ頑強なゴーグルつけて厳戒態勢で除去してた。
銀歯を全部除去したら、ダルさの7割が消えうせた。

サプリを出してもらったら段々元気になったので車の免許を取りに行きました。
46歳でした。やっほー!

検査したクリニックは遠すぎたので別のクリニックに通うことにしました。
新しいクリニックでは毎回マイヤーズ・カクテル点滴(注:2)を受けてます。
週2,3回行くのがベストです。高速を走るのは気持ちがいいね。

別人のように元気になりました。
今までの人生はなんじゃったん。

2019年、近所に良いバイト先が見つかったので通院とバイトの日々を過ごしました。
ところが唐突に寝込みます。更年期障害だ。副腎疲労のせいで更年期障害が悪化している。

バイトは休んでるだけだからそのうち戻れるけど、ダルくてしんどい日々でした。
2020年、私は48歳でした。
コロナが蔓延している中、藤井風氏(注:3)に出会います。天使か!

noteに風氏についての記事を書いたら“読者”が生まれました。
あなたのことです、ありがとう。

10月、藤井風武道館ワンマンライブのため東京に行きました。
Twitterで知り合ったたくさんの風ファンに会いました。超楽しかった。
あの時あきらめなかったから、
こんなに楽しい今があるのね。

その後また悪化して寝込みます。どう考えても年齢的な不調だわ。

年が明けて2021年。私は49歳です。
チェストツリー(下記参照)とマグネシウム風呂(下記参照)が効いてメキメキ元気になって来ました。

さあ、念願だったブログを書こう!← 今ここ

 

副腎疲労なのにうつ病だと思い込んでメンタルクリニックに通い続けているまだ見ぬあなたへ、いつか届くことを願って。


 

チェストツリー(チェストベリー)
西洋ニンジンボク(イタリアニンジンボク)。中央アジアおよび地中海地方原産。チェストツリーの実がチェストベリー。紀元前よりヨーロッパで女性生殖器系疾患の治療に用いられる。ホルモンのバランスを正常化させると言われています。
私はこの ↓ オーガニックチェストツリーをお湯で出して飲んでいます。苦くて美味しいです。


 


エプソムソルト(硫酸マグネシウム)
エプソムソルトは入浴時にお湯に溶かして20分浸かるだけです。エプソムソルトを湯に入れ風呂に入ると皮膚からマグネシウムが吸収され、マグネシウム不足による諸症状(チョコレート中毒とか)や冷え性に効果的。お湯150リットルに150g入れる感じです。私はいつも少なめのお湯に180gを入れてお風呂に入っています。


 

注釈:
1.副腎疲労症候群
様々なホルモンを分泌する臓器である副腎が疲労している状態。近代医学ではハッキリとした症候群として認識されていない。ストレスや睡眠不足、栄養不足が原因とされる。治療にはサプリメントや点滴が用いられる。
2.マイヤーズ・カクテル点滴
アメリカ人医師ジョン・マイヤーズ氏が行ったビタミン・ミネラルの点滴。
3.藤井風
1997年、岡山県生まれ。2020年1月に『何なんw』デビューしたミュージシャン。同年10月29日に初の武道館ワンマンライブを行う。お茶目で飾らない人柄で人気だが、ファンの間でささやかれる「藤井風天使説」を知り、武道館ライブのラストで自ら天使の羽を浴びるという狡猾さも合わせ持つ。しかしその正体は本物の天使。


PexelsFrancesco Ungaroによる写真と
PexelsStephen + Aliciaによる写真と
PexelsPranidchakan Boonromによる写真と
PexelsAleksey Kuprikovによる写真と
Fujii Kaze Instagramによる写真を使用しました。

【自己紹介】ポチあいこ驚愕のプロフィール” に対して18件のコメントがあります。

  1. pochiaiko より:

    いくたろうさんコメントをありがとうございます!とても嬉しいです。

    10年くらいですか。副腎疲労の可能性はあるでしょうが、正確には「誤診」というより「無知」なんですよね。普通の医師は副腎疲労のことは知らないし習わないし知っても「何それ」だと思います。(そう言われたことがあります)プロフィールに書いた銀歯の水銀のことも普通の歯科医は知らないそうです。
    メンタルが不調の方とやりとりするのは大変ですよね。私も当時人間関係に苦労しました。根本がメンタルの不調ではなかったとしても大量に処方される薬でボーッとしてますしね。

    お母さま、大変でしたね・・・。先日このブログに「うつ病は心の弱さが原因ではない」というコミックエッセイの書評を書きましたが(長すぎるけど)うつ病の原因の一つはウイルスであると判明したので、まだまだうつ病治療は分からないことだらけだったのでしょうね。
    それに私が副腎疲労だと分かってから、栄養での治療を受けていて思うのは、医師は普通栄養素のことはあまり知らないので栄養や食事に関して無頓着だということです。食べ物の偏りで不調になる可能性は充分あるし、気づかないだけで内科的な不調でうつっぽくなることも多いと思うのですが、私は精神科医に食事について質問されたことはほぼゼロなんです。なんなんですかね、それ。
    精神科と製薬会社の儲け主義はあると思いますよ。とにかく長期間うつ病治療をしていて何の進展もないのなら他を考えるべきだと私は思いますが、患者さんはしんどいしなかなか自分で調べられないですよね。
    でも中には一般的なうつ病治療ではない治療を実践しておられる医師もおられるのでいろんな情報を集めることはやはり大切だと思います。

    また何か気になる情報などありましたら是非教えてくださいね!これからもよろしくお願いいたします。

  2. いくたろう より:

    ポチあいこさん、Twitterからこちらにこさせてもらいブログ読ませて頂きました。
    過去に10年くらいうつ病に悩まされていた知り合いがいたのですが、その方ももしかしたら…誤診されていたかもしれませんね…。その方とは、ちょっとしたことかきっかけで相手の方が気を悪くして、もう何年も連絡をとっていません。この記事を読ませてあげたいですが、多分もう連絡をとれないと思うので、引き続き幸せを願っていようと思いました。
    あと、母が父の介護で、重度ではないものの心と体を壊し、一時期専門の病院に入院していたこともありました…。今は、家族や親戚の力を借りながら一人暮らしをしているので、心配もあり実家にも帰りたいのに帰れなくなりモヤモヤしていたのです。そんな母も治っていないと言うことは、疑ってみても良いかもしれませんね…。精神科医と製薬会社は、薬を飲んでもら儲かれば良いと言うような記事を読んだことがありますが、恐ろしい話です!!ポチあいこさんもとても長い間大変な思いをされて来たんですね…。随分遠回りしてしまった今までの旅路ですが、その分これからの旅路は、どうか何倍も楽しい旅路でありますように!!辛いお話、話してくださりありがとうございました!!

  3. ミエ より:

    あいこさん、少しスマホから離れていたら…
    驚愕のプロフィールが…
    うっすらとはお伺いしていましたが、本当に大変な数十年だったんですね。

    皆様のコメントを拝読していたら、なんか私なんかが残すのも…とも思いましたが、私は私!と開き直って。笑

    あいこさんのポジティブを座右の銘にします。笑

    いつかこちらにドライブに来てくださいね。

    拙いコメントで失礼いたします。

    1. pochiaiko より:

      ミエさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
      大変な年月でしたけど、こうやってケロリと書ける過去なんですよね。
      断薬したのであまり覚えてないですし。

      そちらまでドライブですか!いいですね。
      まだそこまでの遠方には行ったことがないです。
      でも私、もうなんでもできるんですよ。(気持ちは)
      「やりたい」と思ったらやればいいだけなんです。
      できないことなんて、多分ほとんどないんです。
      お会いする日を楽しみにしています♪

      1. ミエ より:

        楽しみに待っています。

        生風クンか生あいこさんか…
        私にとって同じくらい楽しみです。

  4. misso より:

    あいこさん、ファンレターはこちらからでよろしいでしょうか?
    なつめ食堂のブログ開始をいまかいまかと心待ちにしておりました。今日も寝落ちから目覚めて久しぶりに開いてみると…始まっているーー!まずはおめでとうございます^_^
    めちゃくちゃ読みやすいし面白いし…期待以上に笑いあり、勉強になり。。
    あいこさんの体験談に救われる人、たくさんいると思います。わたしは副腎疲労と言われたことはないですが昔から心身ともに非常に疲れやすく、食事を変えれば変わるんじゃないか?と思いつつも調べる気力がなくここまで来ました。私は副腎疲労ではないかもしれないけど、副腎ちょっと疲れてんじゃない?という希望がみえてきました。まずは食生活から、あいこさんのブログを参考に少しずつ変えていこうと思ってます。(今小麦粉まみれ)自分の体がどういう状態か正しく知り、対処してあげること大切ですね。
    あいこさんのこれまでの人生を通じての”あきらめない”心にズシンと響きました。ありがとうございます。ブログこれからも楽しみにしています。
    もう一度…今までの人生は確実にわたし含め誰かの心と体の健康を救っとります。ありがとうございます。
    あと藤井風は美男です、うん。間違いない!

    1. pochiaiko より:

      missoさん、おはようございます。ファンレター、ありがたく頂戴します。
      更年期障害で不安定ですがこうして「なつめ食堂」を公開することができました。
      ありがとうございます!

      心身疲れやすいですか。
      原因はたくさん考えられるでしょうけど、食べ物って基本ですよね。
      すべての生き物は食べものからできてます。
      私も知らない頃はパンばかり食べてました。3食パンの日とかありました。
      一番やっちゃダメだけど、美味しいんですよねぇ。パスタもね。
      でも、何が良くないかを知ってグルテンや添加物を減らすだけで日本における病気は激減すると私は思うんです。
      日本のスーパーの物は農薬&添加物まみれですからね。

      こうやってブログを楽しみにしてくださる方がいたなんて、驚きです。
      いつの間に読者が増えてたんだろう・・・。
      あのイケメンの記事を書いたからですね、儚げな例の美男。
      かっこいいんだけど隣のにーちゃんみたいな可愛さの
      哲学者みたいな、お爺ちゃんみたいなあの究極のハンサム。
      段々どんな人か分からなくなって来たけど、
      要するに藤井風、最高♪

      これからもあきらめずに色んな記事を書くのでお楽しみに。

  5. 二風谷岬 より:

    ポチあいこさん
    NOTEの風くん妄想短編を昨年読んで、天才やな、と思っておりました。
    私もポチアイコさんとタメ、独身、風くん愛の女子です。そして、検査してないけど、私も副腎疲労だと思います。人生で不眠と過眠を繰り返し、ウツっぽく動けない時もありましたが、今は仕事やめて好きなだけ寝てスッキリしてます。毎朝脚がつって痛かったのですが、ストレスなくなり、エプソムソルト風呂も効いているようです。
    免許とって運転しているとはすごいです!私はペーパーで、脳が運転出来る仕様ではないようです。

    私も文章や音声で表現発信しなきゃと思っていて何にもしとらんです。
    フォローしますので、よろしくお願いします

    1. pochiaiko より:

      二風谷岬さん、初めまして。コメントをありがとうございます。

      不眠と過眠を繰り返したんですか、それはしんどかったでしょう。
      やっぱりエプソムソルト、効くでしょう?でも知らなかったらマグネシウムが皮膚から吸収されるなんてちょっと驚きますよね。

      運転は大好きです。高速を走るのが何より好きです。隣の県まで行っちゃいます。
      文章などで表現するとストレスが解消されますよ。
      Twitterなどでは交流できて話し相手が増えますしね。

      ところで、noteにはたくさん書いて来ましたけど風くん妄想短編を書いたのは
      (≧∀≦。) 私じゃなく「あんこ」さんですよ。笑
      「あ」と「こ」が同じなのでよく間違われるんです。
      あれですよね、サーカスでアコーディオン弾いてる風くんとか、離島の音楽の臨時の先生とかですよね。あの妄想、素晴らしいですよね!
      私はまた違うタイプの変態ですんで・・・笑

      1. 二風谷岬 より:

        おっと、カビのにおい
        です。ポチあいこさんです。Twitterにあげてたのをまとめたやつ
        あんこさんも読みます

        昨年風に当たりすぎて笑、今年になってから歌詞のない曲をずっと聴いています。最近はNujabesとか

        1. pochiaiko より:

          ヽ(´∀`。)ノ カビ!カビは私です・・笑
          ありがとうございます、爆笑しました

          Nujabesって話題ですね
          私はこの10カ月、ほぼ100%ずっと藤井風だけ聴いてます

          1. 二風谷岬 より:

            Nujabesは今年知ったのですが、もう亡くなられていたとは。ロバートグラスパーを彷彿させる日本人DJです。風くんを始め、やっぱりピアノの音に引き込まれます。

  6. 本村綾 より:

    あいこさん 初めまして。風さんの記事がとっても愛に溢れていて楽しみに拝見しておりました。私は、精神疾患を患ったと診断された方の就労を支援する仕事をしています。今回の記事を読んで、副腎疲労というものを知りました。自己判断で薬を飲まない人にちゃんとお医者さんのいう通りに薬を飲んで下さいと言っていますが、身体的疾患の事をもっと勉強しないといけないと思いました。「自分の事が好きなうつ病の人はいない」ってその通りだと思います。
    人生これから❗️風さんの歌に励まされて私も生きてます
    いつか風さん繋がりでお会い出来る日が来たら風愛を語り会いたいです

    1. pochiaiko より:

      本村綾さん、初めまして。コメントをありがとうございます!
      精神疾患を患った方々の就労支援をしておられるんですか!素晴らしいですね。

      はい、もし精神疾患が正しい診断でなかった場合、精神科の薬は何の意味も持ちませんよね。
      私は素人ですが、小麦粉のグルテンで腸壁が傷つき不調になるとか、牛乳の乳糖で腸が不調になるとかいう話を精神科医から聞いたことは1度もありません。精神科医は薬の話しかしませんし、あんなに大量の薬を飲んでいて「運動しろ」とかほとんど無理な話です。どんなにダルくてしんどいか。
      例え本当にうつ病だったとしても、薬以外の生活の改善で症状が緩和される場合はいくらでもあると思うのですが、日本の多くの患者さんにはそういう意識が薄く薬を飲むだけという傾向にあると思います。
      副腎疲労については一部の内科医(又は歯科医。銀歯のアマルガムが副腎疲労には悪いので私は全部除去しましたがそんな知識のある歯科医もほとんどいません。というか私銀歯のこと書くの忘れてました・・・笑)しか知りませんから、田舎だと治療してくれる内科医も歯科医もいない可能性があります。
      とても難しい問題だと思います。

      いつか風くんのライブでお会いできたら嬉しいです。ライブじゃなくても風民の集まる風動画鑑賞会もいいですね!笑

  7. ふくふく より:

    ポチあいこさん、こんにちは。わたしの職場はいわゆる精神障害っと診断された大人の方々が絵を描いたり織物をしたりしながら通われています。アスペルガー、うつや自閉などいろいろな障害という名前が付いていますが、スタッフの私達も診断を受ければ○○障害と診断されると思っています。副腎疲労、はじめて知りました。ワケわからない障害と思っているひとのなかにも可能性ありますね。調べてみます!いつもありがとうございます!

    1. pochiaiko より:

      ふくふくさん、こんにちは。コメントをありがとうございます!
      確かに、何が障害かというのは微妙な問題なんでしょうね。

      副腎疲労は私が診断された頃(数年前)は医療関係の方もほぼ誰も知りませんでした。
      ネットには情報が溢れていますが、正式に病気だと認定されていないので特別に勉強をしている医師しか今でも知らないと思います。知らないし、相手にされない可能性があります。
      (副腎疲労の治療とうたっている怪しいクリニックもありました)
      それに副腎疲労には薬が効かない。栄養での治療になります。
      本はたくさん出てますが、薄い文庫本もあるのでそれから入るのがいいのではないでしょうか。

      ワケわからない障害と思っているひとのなかにも可能性は充分あると思います。
      長年治らず治療をしてる患者さんに、副腎疲労が見つかればいいですね!
      私のような目にあう人が減ってくれることを祈っております。

ミエ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です