子供の年齢に合わせた、学習棚の使い方 

収納作業にお伺いしているときに、時々

「ここはどうしたらいいですか?」

「スッキリしなくて、でもどうしたらいいか?」と

 

ご依頼場所以外のところもご相談いただきます。

 

も含めた、1人用のプライベート棚。

こちらは、リビングにあるお子様の学習~遊び

も含めた、1人用のプライベート棚。

ビフォーを撮り忘れました・・

 

ランドセルが、①~⑥の場所にいました。

⑩~⑫の場所にキュウキュウに教科書と
ノート、ドリルが折れ曲がって突っ込まれてました。

 

基本的に、すぐに改善できる範囲でしたら、
お悩みを解決出来るようにご提案しています。

 

①~⑥は、教科書④、ノート⑤、お家ドリル②

学研① 学校図書⑥ 校外学習ボード③

⑦は、引き出しに文具類、カード類

⑧今遊んでいる、囲碁などのボードゲーム

⑨は学用品 ランドセル・上靴袋

⑩~⑪ 塾の問題用紙・学習機械

⑫ 雑誌本 付録類

 

分けて見ると、こんな感じに綺麗に収りました。

今回の雑然の問題は、学用品が点在していたこと。

 

春から小2のお子様には、⑩~⑫の場所と、

①~⑥の場所に学校のお勉強に必要なモノが

分かれているのは少し難しいのでは?とご案内しました。

 

学校のお勉強の教材関係は、一番分かりやすい

①~⑥にしかない状態にすれば、ココだけをみて

学校の準備をすれば良いわけです。

 

年齢が小さいときは、できるだけ単純に、
そして、自分で管理をすることができる様にする。

この改善10分程度でしたでしょうか。

 

ずっと、見える場所が雑然としていたのが
お悩みだったそうなので、解決して良かったですね。

学校から帰ってきて、お子様も使いやすくなって
喜んでいらっしゃるメッセージをいただきました。

お子様のお部屋の収納整理は、お子様とご一緒に
する方が良いですし、お様自身収納を直に体感して
知ることができるの、大変良いことだと思います。

 

お子様の収納については、コンサルティングサービス
の範囲内でできる様でしたら、アドバイスいたします。

悩んでること、些細なことでもお尋ねくださいね。

 

  ■LIFE FIX整理収納サービス
神戸・西宮の整理収納アドバイザー
&インテリアコーディネーターがあなたの快適ライフのお手伝いを致します

 

 

 

にほんブログ村【新築入居後の暮らし】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です